本文へスキップ

オーストラリアのETASについての観光、商用タイプの取得方法や条件についてのご案内。

電話でのお問い合わせは03-5639-3603

メールでのお問い合わせはこちら

オーストラリアETASABOUT ETAS

What's the ETAS

  • 短期の観光または商用公用で渡航される方を対象に発行されるElectronic Travel Authority(ETA)の登録をする必要がございます。
  • Electronic Travel Authority(ETA)とは、オーストラリアへの渡航許可で、渡航者のパスポート情報を電子的に管理されるものになります。
  • Electronic Travel Authority(ETA)は、申請した日から有効で1年の間何度でも出入りでき、各一回の滞在最長日数が3カ月になります1年マルチタイプになります。

ETA取得についての条件

ETA取得にはいくつかの条件がございます。申請者(渡航者)はオーストラリア以外の国にいる必要がございます。
• ETAの有効期間は、ETA許可日から12ヶ月あるいはパスポートの有効期限満了日まで(有効期限が1年未満のパスポートで申請した場合)のどちらか短い方です。この間、複数回渡航することができます。
• 1回の訪問で最長3ヶ月まで滞在可能です。
• オーストラリア滞在中に就労することは禁じられています。このビザは観光、親族訪問、短期商用(公用、商談、会議・学会出席など)の目的に限られます。
• 3ヶ月以上就学することはできません。
• 結核を患ったことがない方が対象です。
• 服役、執行猶予の有無に関わらず、刑事有罪判決を受けていない方に限ります。
当店では、次のような場合に必要な範囲で個人情報を収集することがあります。

ETA取得可能な国籍

ETA申請ができるのは、下記のいずれかの国または地域のパスポートをお持ちの方になります。
• 日本 • アメリカ • カナダ • アンドラ • オーストリア • ベルギー • フランス • ドイツ • ギリシャ
• アイスランド • イタリア • リヒテンシュタイン • マルタ • モナコ • サンマリノ • スイス • バチカン
• 英国(British Citizen) • 英国(British National/Overseas)
(以下の国の方はナショナルIDの登録も必要になります。)
• オランダ • 韓国 • シンガポール • スウェーデン • スペイン • デンマーク • ノルウェー
• フィンランド • ブルネイ • ポルトガル  • 香港(特別行政区) • マレーシア • ルクセンブルグ
■上記のいずれの国のパスポートお持ちでない場合は、こちらではETA申請ができません。
■香港の方はHKDIでの申請はできません。香港のパスポートが必要です。
上記の国または地域以外のパスポートをお持ちの場合、航空会社あるいはオーストラリア政府移民局を通じてETA申請が可能な場合があります。またETAと異なる訪問ビザをオンラインで申請できる場合もあります。

ETA取得についてのご注意

①ETA申請を行う際には、ETA申請に使用した同じパスポートで渡航しなければなりません。パスポートを更新した場合は、ETAは取直す必要がございます。
②通常申請した同日にETAは受領できますが、バックパッカーなどの多いオーストラリアではオーバーステイや何らかの違反をした人と、同姓同名の場合など大使館が疑いをもつと直ぐに発行されない場合がございます。それでも大抵の場合は、数時間から24時間以内に発行されますが、自動的に解除されない場合、大使館に解除依頼をかけて発行してもらうケースがございます。この場合は最長1週間程度かかるので、ご出発の10日前までには申請するようにして下さい。
③ETA以外に既に有効なオーストラリアビザをお持ちの場合、ETASはその期限が切れるまで申請することができません。
④オーストラリア以外の国にいる時でないと申請することができません。
⑤オーストラリア到着時に有効な旅券、ビザあるいは渡航許可のない場合は、入国審査の結果、入国拒否の措置を受けたり、渡航者の身元・入国事由が確認できるまで時間頂くことになります。

お申込みと代行費用について

ETAの登録代行にはパスポートの顔写真のページにある全ての情報と住所、電話番号が必要となります。
お申込み方法;専用お申込みフォーム/専用FAXフォーム/FAX/メール/郵送/ご来社のいずれかの方法でお願いいたします。
※1.お申込みフォーム/専用FAXフォームは記入の上お送り下さい。
※2.メール・FAX・郵送の場合
①パスポートの顔写真のページのコピーと住所・電話番号(自宅でも携帯でも可)をお送り下さい。
②もしくは下記項目を記入の上、送信して下さい。
●パスポートと同じアルファベットの姓名
●性別
●生年月日(西暦:例2010年11月12日)
●国籍
●パスポート番号
●パスポートの発給日(西暦:例2018年08月05日)
●パスポートの有効期限(西暦:例2018年08月05日)
●パスポートの有効期限
●パスポートの発行地(例;日本)
●出生国(パスポートのコピーでいただいた場合、本籍で判断させていただいています。)
●住所
●電話番号(携帯・ご自宅どちらでも可)
(パスポートのコピーの有無を問わずお知らせいただくその他の項目)
●Tタイプ観光用 もしくは Bタイプ短期商用(公用、商談、会議・学会出席など)どちらにされるか
●ご返却方法 FAX・メール・郵送(カード付きのみ) のどちらをご希望されるか
■一部の国籍の場合はナショナルIDも必要になります。
※3.ご来社の場合はパスポートもしくはコピーをお持ち下さい。
★アルファベット記入に自信がない方やデータを記入する手間を省かれたい方は、

★★★1番簡単な方法★★★

FAX・メール・郵送でパスポートの①顔写真のページのコピーに
②住所、
③電話番号、
④観光用か短期商用か、
⑤カードありかカードなしかだけ添えてお送り下さい。
カードなしの場合、FAXでいただきましたらFAX、メールでいただきましたらメールに、カード付きを希望されましたら郵送で登録いたしました内容とご請求を送らせていただきます。
FAXの時はFAX番号もお願いいたします。
ETA登録代行費用
タイプ(個人) 基本代行
(FAX・メール返却)
ETASカード付き
(郵送返却)
観光1年マルチ
タイプ;T
¥600- ¥900-
短期商用1年マルチ
タイプ;B
¥600- ¥900-
タイプ(団体) 基本代行
(FAX・メール返却)
ETASカード付き
(郵送返却)
1年マルチ
10名様以上

タイプ;TもしくはB
¥500- ¥700-

※営業時間中にお問合わせいただきました場合は、当日もしくは翌日中までに登録を完了させていただいております。
営業時間外にお申込みいただいた場合は、翌営業日かその翌日の登録となります。
※タイプBは短期商用(公用、商談、会議・学会出席など)の目的に限られます。

お支払方法についてのご案内

お支払方法は、ETA登録完了後にメールもしくはFAXにて、登録済みデータと一緒にお振込先の口座をお知らせいたします。
ご来社での申請の場合はカウンターでのお支払いも可能です。
郵送でのお申込みの場合は同封いただいても結構です。

お申込からご返却について

営業時間中にご依頼いただきました場合、同日もしくは翌営業日中にETAの登録を完了し、メールもしくはFAXにて登録完了したデータとご請求内容を送らせていただきます。郵送でのご返却をご希望の場合は「ETASカード付き」プランのみお申込みいただけます。郵送につきましてはヤマトのメール便を利用しております。お急ぎの方は追加で宅配便の利用も可能です。

登録完了済みデータの見方

Electronic Travel Authority(ETA)は、登録が完了しますと渡航者のパスポート情報が電子的に管理されるようになります。この為、登録さえ完了してしまえば、そのデータなどをプリントアウトしてお持ちいただかなくても空港の航空会社カウンターやオーストラリアの入出国検査場などではパスポートを提示するだけで確認が済むようになります。1文字でも違うと入国できなくなりますのでご取得後は必ずご確認ください。登録日から1年間有効で、各一回の滞在は最長3カ月までになります。マルチプルタイプの為、期間中は何度でも出入りができます。
ETAデータの見方

ETASカードとは

ETASカードイメージ以前、オーストラリア大使館がETAを発行していたころには、取得完了ができた確認ということでETASカードが発行され、オーストラリアに行く場合は携行する必要がありました。パソコンから取得できるようになってからはETASカードは廃止されました。現在はその当時の印刷会社がそのままを復刻し、点線で切取られると丁度パスポートに挟んでおけるサイズになております。いつまでETAが有効だったか確認いただけるようになっております。法的効力はございません。

各種お申込み方法

一番簡単なイータス登録方法です。
ETAS専用メールフォーム
オーストラリア簡単メールフォームとパスポートコピー
ETAS簡単FAXか郵送フォーム
ETAS簡単FAXか郵送フォームとパスポートコピー